抗アレルギー薬が通販で手軽に購入できるってご存知でしたか?この薬の通販サイトでは薬局やドラッグストアでは販売していないお薬も多数取扱ってあり、またパソコンや携帯電話からでも24時間いつでも購入できるので大変便利です。

酢のアレルギー・抗アレルギー薬と腫れ

日本料理に使われる酢にも、アレルギーがあります。酢はもともと強い酸でできているので、薄めずに摂取すると健康な人でも消化器官に負担がかかります。
酢アレルギーの人は特にその症状が強くあらわれる危険性があるので、酢を直接飲む、酢を使った料理を食べる、などは控えた方が良いでしょう。ソースに使われている微量な酢でも、症状が起こる危険性もあります。代表的な症状では、蕁麻疹や下痢、腹痛などが多いです。
アレルギーの有無を調べるには、病院で血液検査、パッチテスト、ブリックテストなどが一般的に使われています。
食物アレルギーの皮膚・粘膜にあらわれる症状では、唇の腫れなどが起こることも多いです。食べてから通常2時間以内に起こりますが、4~6時間以上たってから症状が出るケースもあります。
腫れなどの症状が出てしまったら、抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬を内服したり、アナフィラキシーショックに対してはアドレナリン自己注射で意識を回復させることもあります。
抗アレルギー薬は腫れなど現在出ている症状を抑えるものであって、一時的にしか効果はありません。そのため、根本的に治療するには、食物除去や減感作療法などを行っていきます。
抗アレルギー薬はアレルギーの回復に効果が無いわけではなく、アレルギー症状によって身体の不快感を取り除き、栄養を摂取して体力を回復させるなど補助的に使うには有効です。
最近注目されている減感作療法は、症状がひどく出ない程度のアレルゲンを少しずつ摂取させることで、免疫反応が過剰に反応しないようにコントロールしていく治療法です。この方法は慎重に行う必要があるので、専門の治療機関で入院しながら行うこともあります。